Santa Claus

メルボルンの天候

みなさんこんにちは。SMEAGオフィスの廣瀬です。本日はメルボルンの天候についてご紹介したいと思います。

weather-mark

みなさんはオーストラリアの天候についてどのようなイメージをお持ちですか?

まず知っていただきたいことは、オーストラリアは南半球にあるので、四季はありますが日本と全く逆になるということです!

例えば3~6月は日本でいう春ですよね。これがオーストラリアでは秋、7~9月が日本の夏ならオーストラリアでは冬、10~11月は日本の秋で、オーストラリアの春、12~2月が日本の冬で、オーストラリアの夏というようになります。

余談ですが、12月はオーストラリアでは真夏なのでクリスマスはビーチで、家族や友人たちとBBQをする、というような過ごし方が一般的です。なんとサンタクロースもソリではなく、サーフィンをしている姿が普通なんです!日本のサンタクロースとイメージが全く違って面白いですよね。

メルボルンはオーストラリアの中でも南の方にあるので、シドニーやブリスベンと比較するとかなり涼しい印象です。シドニーはメルボルンと比較的近くに位置しているのでそこまで大きな違いはありませんが、それでもメルボルンの方がシドニーよりも冬は寒くなります。

Australia-map

 

先程もお話ししたように、オーストラリアにも四季があります。日本よりは若干気温差が少ない、というイメージを持っていただけたらいいと思いますが、メルボルンは他の都市と比較すると一番日本の気候と似ていると思います。

 

 

weather-melbourne

冬の平均最低気温は5度前後で、夏の平均最高気温が27度前後なのでとても過ごしやすいですよね。日本の夏のように湿気でジトジトしている感じもなく、カラッとしているのでとても快適です。

 

また、「オーストラリアは1日の間に四季がくる」と言われるほど天気が変わりやすい国でもあるんです。朝起きて「寒いな~」と思って少し厚着をしたら、昼間には真夏のように暑くなったり、午後に急に激しい雨が降ってきたと思ったら5分で止んだりと、非常に天気が変わりやすいです。なので服装は温度調節が簡単にできるようなものが良いと思います。

こちらも余談になりますが、このように天気が変わりやすく、特に雨の場合は本当に5分程度で止むことが多いので、オーストラリア人はめったに傘を持ち歩きません。日本では少し天気が悪い日など、折りたたみ傘を持っていく人が多いかもしれませんが、オーストラリアでは、かなり雨が降っていてもみんな傘をささずにそのまま歩いていることが多いです。そもそも傘持っていないのではないかな…?と疑うこともあります。笑

 

話しが少しそれてしまいましたが、オーストラリア、メルボルンの天候について大体のイメージをつかむことができましたか?晴れの日がとても多いので、紫外線には注意してみなさんもメルボルン留学を楽しんでくださいね!

何かご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください!


 

 

それではまた次回お会いしましょう!

main_img

カナディアンカレッジ(バンクーバー・カナダ)

smeag cebu

SMEAG(フィリピン・セブ)

logo AEC

国内留学アチーブイングリッシュキャンプ

 

 

 

 

 

関連記事

  1. australia-animal
  2. ozihouse
  3. library2
  4. activity
  5. tearoom
  6. opening campaign

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEでお気軽にお問い合わせください!
無料相談 留学説明会
SMEAGメルボルンが選ばれる理由
スコアアップ海外留学 IELTS
ビジネス英語力
欧米留学前の二か国留学に最適
よくある質問
PAGE TOP